どんなタイプにするか

名刺は自分のことはもちろん、会社のことも相手に知ってもらうために必要不可欠なアイテムです。名刺をどうするかは企業によって異なりますが、中には個人でオリジナルの名刺を作成して、より個性的な仕上がりにする方もいるようです。新たに名刺を作成する必要があるなら、どんな名刺作成サービスがあるのかチェックした上で、理想的なデザインに仕上げてくれる企業を探してみましょう。

カラー名刺名刺をどんなタイプにするかは、名刺を作成する上で非常に重要です。縦書きと横書きの違いでも見る人の印象は大きく変わりますし、モノクロよりも数色でもカラーを使ったほうが見た目の印象はより強く残るでしょう。非常にシンプルな変更でも、名刺の印象は大きく変わるので、より人の目を惹くデザインにしたいときは、慎重にデザインを考えてください。自分でオリジナルデザインを考えることも出来ますが、どの企業も一通りのデザインは用意できるよう、予めテンプレートを用意しています。

名刺といえば長方形の用紙を使いますが、中には特殊な形やサイズを採用している方もおり、名刺一つでも強い個性を持たせることができます。名刺作成サービスを利用する際は、利用目的に合わせてどんなタイプの名刺を用意できるか確認するようにしましょう。定番の名刺もいいですが、より強い個性を目指すなら、特殊なタイプの名刺を作成するのも良いかもしれません。企業によっては特殊なテンプレートも用意されているので、そちらも合わせてチェックしましょう。

 

デザイン名刺を作ってみたい

仕事の関係上、色々なデザイン画を見る事が多い私ですが、今一番気になっているのが名刺です。普通名刺と言えば、会社名と所属部署、役職名に氏名、電話番号とアドレスが載っているとてもシンプルなものですが、最近交換した中で、とても印象に残ったものがあります。某レンタルサーバーの会社ですが、水をモチーフにしたちょっと変わったデザインの名刺を交換しました。

失礼ながら飛び込み営業だったため、話した内容もあまり覚えておらず、抜きん出た特徴のある方ではなかったのですが、その名刺のおかげで、今なお会社名とお名前を覚えています。ビジネスマナーを考える上では、デザイン名刺というのは大分ラフなもののように考えられますが、今回私が体験したように、相手と業務内容を覚えるチャンスにはなりうるものだと思います。

まして、デザイン内容も自分の仕事に関係しているものであるから、宣伝媒体にもなり、結果販促効果にもつながると思います。まだまだ少数派ではありますが、仕事を生かし、私自身もそういった名刺を作成です。

 

人とは違った名刺を作成しよう

営業マンにとって、スーツ、靴、鞄、時計、そして名刺は必須アイテムです。特に名刺は、相手の手元に残るものなので、できることなら印象付けることができるようなものを用意したいものです。会社から支給される画一的なものではなく、自分で作成してみてはいかがでしょうか。

写真屋や印刷屋では、個人での作成も受け付けています。自分でパソコンを使って作るというのもいいです。しかし、やはり専門家に任せるのが一番いいです。いまの技術はすごいもので、写真つきはもちろんのこと、デジタルデータも内臓することができるのです。相手の携帯電話のバーコード認識で自分の情報を見てもらうことができるのです。少し値は張りますが、それで相手に強い印象を与えることができるなら、営業マンとしてはやっておきたいところでしょう。

数百枚単位で注文すれば、費用は安く済みます。これも自分への投資だと思って、少しの出費は我慢して、それ以上のリターンを受け取りましょう。